男性機能と癌の関係について

癌にかかってしまった男性癌と男性機能は、関係があります。癌は、よくテレビや本、漫画などで分かりやすく解説がされているように、癌治療そのものがとても苦しく、絶大なものです。「さよならたまちゃん」という精巣腫瘍の男性機能ついて取り扱った名作の漫画がありますが、あの漫画のように、癌治療は、とても苦しく、吐き気、嘔吐などは日常茶飯事であり、睡眠すら満足にとることができなくなってしまいます。
これは、進行状況、レベルなどによっても、対応は異なっており、まだそこまで癌が男性機能から、他の体の部分へと転移していないケースであれば、上記のような治療、吐き気や嘔吐などを繰り返すものは、必要がないケースがありますが、実際のところ、いろいろなレベルの方がおられ、もっと早く病院に来ていればよかった、と後悔をされる方もおられます

男性機能となぜ関係があるのか、というと、上記のような、苦しい治療の際に、精子が同時に治療の薬などが強すぎて、死滅してしまうためです。そのため、お子さんを望んでいるご夫婦の場合であった場合、精子を冷凍保存しておくなどの必要などもあります。
このように、男性機能と、癌とはとても治療などの関係があり、関係性が深いものとなっています。

しかし、実際に、精子を冷凍保存して、お子さんが産まれることは喜ばしいことであり、男性機能が癌によって、侵されてしまい、機能を果たせなくなってしまっていても、女性から見れば、何らおかしいことでもなく、応援したい気持ちの方が多いです。
その人がその人で、とても大切であり、逆に大変な病におかされているにも関わらず、懸命に治療に取り組む姿は、大変に立派であり、とても尊敬に値する存在であるからです。